名入れペンの配色

オフィスや学校などで根強い人気である、クリアなボディのボールペンへ印字・印刷するタイプの名入れペンの場合は、他の色のボディの場合とは違い、配色が難しいと言えるでしょう。
それは、内部構造が透けて見える為、クリアボディといっても芯の色を反映している場合が多く、その芯の色によって選択色が変化するからという理由が挙げられるでしょう。
その都度、業者とよく相談の上で決定することが望ましいと言えるのではないでしょうか。

黒いボディのボールペンへ印字する場合は、ほとんどの色がベースのボディ色に影響されてしまうため、字が暗く、くすんでしまうと言えるでしょう。
オススメはやはり、ベースの色に左右されづらい「金」「銀」「白」の3色と言えるでしょう。

赤い色のボディも、黒い色のボディと同様に、ベースのボディ色にインク色が影響されてしまうと言えるでしょう。そのため、こちらも相性が良い色は「金」「銀」「白」の3色と言えるでしょう。
黒の名入れも考えがちと言えますが、意外と目立ちにくいのでオススメはできないでしょう。

オレンジ色のボディと相性が良いのは「黒」「白」「銀」とされ、特に目立たせたい場合には「黒」が良いでしょう。
「赤」「金」などの似た色は、目立ちにくく、青系の色はボディの色の影響で少し色味が暗く変化してしまうようです。

ピンク色のボディには「黒」「青」「赤」などがよく目立つとされ、白やシルバーなどは主張しすぎず上品に相性が良い色と言えるのではないでしょうか。
金は、読みにくくなるため、あまりオススメできないと言えるでしょう。

配る側の主張も大切ですが、受け取った側が、使い続けるといった点で、素敵な配色になるよう心がけることが望ましいと言えるのではないでしょうか。