あっと驚く斬新文房具

今までの商品にはない斬新なアイディアを盛り込んだ、凝り固まった思い込みを打ち砕くような「あっと驚く斬新文房具」の紹介です。

書いても消しゴムで消すことができるボールペン等、ブレイクした文房具には、固定観念を打ち砕くような斬新なアイディアや、革新的な技術が備わっています。このような、斬新文房具を使うことによって、業務や執筆の効率を向上させ、その時間さえ、もっと楽しむことができのではないでしょうか。

まずはこのペン。非常に細かなペン先ながらスラスラと滑るように書くことのできるように新しく開発されたゲルインクのボールペンです。とりわけ、メタリックやパステルのカラーインクは、発色性が良いため、黒い紙でさえ鮮やかに色を表現することができます。色のコントラストがはっきりとするので、例えばメッセージカードにイラストを描いたり、厚めにメッセージを書き重ねたりするときに役立ちそうです。

次は、逆に非常に大きいボールをペン先に使っている筆ペンのようなボールペンです。

太いペン先に沿って、紙の摩擦に左右されずに、太い文字をスラスラと滑らかに書くことができます。まるで、筆で書くように文字の払いや止めを表すことができるので、宛名書きのような場合に向いているかもしれません。

そして、ボールペンの手軽さと万年筆インクを組み合わせたペンを紹介します。

ボールペンとして文字をスラスラと書けるうえに、万年筆のインクを充填できるモノです。インク瓶にペンを差込んで、インクを吸い上げるコンバーター方式を採用しています。ペン軸が透明なので、充填した色インクを外から眺めることもできます。多く用意されているインクの中から好みの色インクを選ぶことができるので、プレゼントの送り先に合った色をチョイスすることも可能です。

これから万年筆を使い始めようという方にも

一石二鳥の機能を備えたペンなら、ペンケースに入れる文房具の数を減らすこともできそうです。

定規とペンの機能を組み合わせた新発想のペンです。

定規とペンを付ける事により、両方を入れておくペンケース等を持たなくても、これ一本で事足りるのです。付いているアルミ製の定規は片方が円筒形状になっていて、ボールペンを差込むことが出来るようになっています。取り付け方式はネジを採用しているので、きっちりと固定することで、外れにくくなる構造です。また、ボールペンのお尻には穴が空いており、ストラップを取り付ける事も可能です。実際に字を書くときには、ペンを回して引き抜いて使います。

同じ様な組み合わせのペンをもう1つ。定規、ボールペン、タッチペンのセットです。これは前述の差込むタイプではなく、マグネットを使用してまとめてしまうタイプの多機能ペンです。

定規は傾斜形状になっており、線を引き易くなっています。ペン軸も短くコンパクトなので、ストレス無くペンケースに収めることができそうです。このペンの良さは、アルミ製であること。高級感を感じることができそうですので、プレゼントとしても良いかもしれません。

次は、新しい発想で定番になりそうな一品です。比較的求めやすい値段とはいえ、その実用性と目を引く外見に魅力のあるペンです。万年筆としてペン先からインクを吸収するコンバータを備えていて、透明なペン軸であるが故に、そのインクを外見から見せることができる構造になっています。

インク切れしないように残量を確認できてしまうんでよね。そのインクも24色のラインナップがありますので、これから万年筆を使い始めようという方にも、楽しく日常に使ってみようという気になるかもしれません。

こちらも発想が新しい。ちびてしまった鉛筆を万年筆のように見せてしまうペンです。

実は、鉛筆とボールペンの専門店でつくられた鉛筆の補助軸なのです。握るとしっとりと手になじむだろうアセチロイド製のペン軸で、外見からは万年筆そのものに見えます。中身はボールペン軸に入れ替える事もできるので、遊び心で長く愛用できるのではないでしょうか。

一方、鉛筆に付加価値をつけて多機能な高級鉛筆としたのがこのペンシルです。消しゴム付きなので、書き間違いを直ぐに修正することができますし、鉛筆削りを内蔵したキャップが付いているので、芯が折れてしまっても、その場で直ぐに削ることができます。これ1本で、書いて、消して、削ってをこなすことができますので重宝しそうです。

 

のり

「のり」といえば、昔からあるチューブ入りのものは、安価で手に入りますが、使用時に手が汚れることから限定的な使い方しかされなくなり、今やスティックタイプが主流となっています。

スティックタイプは貼った時に紙がふやけず、見た目もきれいに仕上がるというメリットもありますが、細分化され、それぞれの機能がアップした商品は、値段的にやや高めに設定されています。

スタンダードなタイプのスティックのりは、特に欠点もなく、貼るという目的を十分に果たしますが、他の機能性を高めたものと比較した場合に、乾きが早いようです。作業を手早く済ませたいときには問題はありませんが、少し放置しておくと、塗り直しが必要になるかもしれません。

同じシリーズで、塗ったところに色がつき、乾くと透明になるものは、塗り残しが一目瞭然で仕上がりがきれいになります。同じタイプで通常の半分の細さで、細かい部分を貼り付けるのに適したものもあり、携帯するときにも便利なようです。

「シワなし」タイプは、アルコール成分を多くし、水分量を少なくすることで、紙のふやけやすさが改善されました。他のスティックタイプと比較しても、のりの使用感はほとんど感じられないようです。

その他、水のりで有名なメーカーの固形タイプのスティックのりも登場しました。のびがよくて使いやすく、接着力にも優れています。写真の劣化の原因にもなる酸を含まない成分でできているため、安心して使用できそうです。

さらにトレンドはスティックのりからテープのりに変化しようとしています。見た目が修正テープと似ているため、混乱しそうですが、手に収まるコンパクトサイズで、かつての「のり」の概念を覆した発想と言えるかもしれません。これまでは、たるみができたり、カスが詰まったりなど、改良の余地があったものが、改良が重ねられ、かなり使用時のストレスも軽減されてきているようです。しっかり貼れるタイプから、キレイにはがせるタイプもあり、状況によって、仮止めをしたり、完全に貼ったりと使い分けるときに便利そうです。

机の上の整理グッズ

はかどるデスクにするには、物がすぐに見つかるとことにあることです。

高さを生かした機能性の高い段ボールのペンスタンドは、さまざまなものがひとまとめにできるうえに、軽くて丈夫な優れものです。道具を使わず差し込むだけで組み立てられ、段差違いで取り出しやすくなっています。

ふせんを多用する人には、予定の順番ごとに貼り付けてToDoリストをつくることができる「ふせんタワー」を利用すると便利です。カップには短めのペンや小物もまとめられます。

デザイン性を求めるならば、綴じると直方体、開くと収納ケースが出現し、ペンや定規、クリップやふせんなどを収めることができるボックスや、狭いスペースで十分に機能する革製のペン立てがよいかもしれません。その他、ワイヤーでできているオブジェのようなペンスタンドは、ウッドの土台で、トレーとしてクリップや消しゴムを置くこともでき、機能的にも優れています。

発想を変えてデスクの文房具を収納するならば、切り抜きマットでモノの置き場所を決めるという方法もあります。マットの裏面に太いペンで文房具のシルエットをなぞり、カッターで切れば、あとはその文房具を収めて、トレーに入れておくだけでデスクまわりはスッキリです。まるでパズルのようで、収納するのも楽しくなりそうです。

家のリビングにいくつもあるリモコンの置き場所に困ってしまうという人には、本来は一般的なティッシュボックスですが、縦置きすると、上部に収納スペースが付いているタイプのものが役立ちそうです。ちょうど収納ケース部分がリモコンサイズで、リビングや寝室に最適です。

進化するペンケース

立てたり、広げたり、ペンケースは目覚ましい進化をしているようです。数ある商品の中から何を基準に選べばよいか迷ってしまいそうです。そんなときは、フラットタイプ、トレータイプ、スタンドタイプ、レイダウンタイプの4つに分けて考えると選びやすいかもしれません。

ペン立てのように置いて使えるスタンドタイプは、設置面積に対して収納できるペンが多いことと、取り出しやすさが魅力です。素材や形、色使いもさまざまですが、ペンをたくさん入れすぎると付箋などの小物が取り出しにくいというのがスタンドタイプ共通の弱点のようです。

この弱点を解消してくれるのが、机に広げて使うフラットタイプです。文房具を蛇腹のホルダーに装着し引き出して使うという斬新なデザインで、小物も収納できるタイプもあるようです。ただしこのタイプにも弱点があり、幅を取るため机が散らかっていると使いづらいということです。

同じフラットタイプでも、四隅のボタンを留めることで立体的なトレーに早変わりするトレータイプなら、必要なスペースはやや小さくなりそうです。本体の中央を左右に折ると、文房具を入れることができる深めの収納スペースができ、二つ折りに開いた状態で自立し、工具箱のようなものもあります。これは米国のブランドのもので、皮革の布を組み合わせて、懐かしい郵便物をイメージしたデザインになっているようです。

レイダウンタイプでは、蓋を全開にしなくても中身を取り出せる薄型のケースもあるようです。ファスナーを半分の位置まで下すと、蓋を二つ折りにして開けることができます。磁石で固定されるため、開けたままにしておくこともできるようです。さらに、収納する容量に応じて着脱ができるタイプもあるようです。上下段に分けて収納し、上段のペンホルダーには鉛筆5本と太ペン1本を収納でき、取り外すこともできます。ケースの素材は靴底にも使われる素材が使用されており、丈夫で軽いことが特徴となっています。

 

 

学生の強い味方

ペンを立てられるペンケースや細い字を書き続けられるシャープペンなど、デジタル世代から生まれたアナログ文房具使いには、ヒット商品生み出すヒントがあるようです。デジタルに慣れ親しんだ今の10代のアナログ文具の使い方は、彼ら独自に編み出した効果的な使い方が特徴のようです。たとえば、デジタルデータを一瞬でコピー&ペーストし、順序を入れ替える要領で、覚えたいことを付箋に書き、ノートに貼り付けて入れ替えるという使い方をしています。教科書やノートに小さな付箋を多用し、情報を検索するかのように付箋を利用しているのも世代的な特徴です。彼らを指導する教師もデジタル世代に移行している現在、授業で配布する資料も教師がパソコンで作るのがあたりまえとなっており、生徒たちがその資料をととじるための2穴パンチや、プリントを貼りやすくするスタンプ式ののり、パンチの穴の補強シールなどのニーズが高まっているのかもしれません。このような背景があり、アナログ文具もティーンズ向けに生まれ変わっているということです。

さらに現代のティーンズの特徴として、憧れの商品に飛びつくというよりは、カスタマイズできるものを好む傾向にあります。たとえば、100円均一で簡単に手に入るマスキングテープなどでデコレーションして、世界に一つだけの自分の文房具をつくることを楽しんでいるようです。

学生のペンケースの中身はカラフルで、文房具のメーカーもそのニーズに応えるべく、多彩な色や柄のバリエーションをそろえているようです。カラフルな中身がよく見えるように、マチが広い全面が透明のビニールのペンポーチに入れてみたり、透明ポーチ自体にも好きなアイドルやキャラクターグッズのバッジを付けてはSNSにアップしてアピールするというのがティーンズの間で常識となっています。そのなかには、次の文房具のトレンドのヒントが隠されているかもしれません。

万年筆を思わせる太軸シリーズ

数ある国産のボールペンのなかで、最も早い段階で、書き味はもちろんのことながら「デザイン性」を重視したのは、T社のシリーズと言えるのではないでしょうか。

なかでも代表的なのは、万年筆を彷彿とさせる太軸キャップ式である水性ボールペンの最新型と言えるのではないでしょうか。これは、キャップの上部を絞ってイメージをスタイリッシュな雰囲気にしたというデザインであり、存在感というよりも、曲線の描くフォルムの美しさや、手に取りやすいといった感覚などを意識したものになっているようです。大きめにデザインされたクリップが存在感を放っており、目立つようですが、これがリーフスプリングクリップになっているというのが大きな特徴とも言えるのではないでしょうか。クリップは金属の部品を曲げるというものではなく、根元に仕掛けられたスプリングが大きく開くという仕組みになっているという事です。これは、クリップの長持ちを考えて設計されただけではなく、機能的な面から、厚みのある書類も挟むことができるようにといった使用時の可能性を広げるための設計でもあるのではないでしょうか。

また、キャップを外した際の本体の重さのバランスがしっかり取れているようで、ストレスなく筆記姿勢に移ることができるでしょう。色の展開としては、シルバーとブラックの2色展開であり、リフィルはボール径0.7mmの水性ボールペンになっているようです。従来、太めの軸を重視したデザインボールペンで、しっかり洗練されたデザインである筆記用具というものは意外に少ない印象があるため、こちらのシリーズはかなり貴重で、喜ばれるデザインであるといえるのではないでしょうか。

斬新なスタイル

繰り出し式で、ペン先をまるごとボディに収納できるといった斬新なデザインで多くの注目を集めているのは、Tシリーズでしょう。

そのひとつは、グリップに木を採用したものであり、自信を持ってお薦めできるボールペンと言えるでしょう。まず見ていただきたいのは、口金とペン先を2段階で繰り出すというデザインと機能がほかのボールペンには見られないということでしょう。キャップという存在が無いのに、書く側を下に向けて机の上に立てておくことができるといった不思議な機能もあるデザインと言えるでしょう。

さらに、低粘度の油性インクであるアクロインキを搭載しており、油性ボールペンでありながら、書き味は滑らかで軽いという点も注目すべきでしょう。文字筆記の際の力の入れやすさや、ギフトにピッタリと言える価格とデザイン、また、ロングセラーであるなど、お薦めできるポイントも書き出すとキリがない程あると言えるでしょう。ペン立てに立ててもペン先を傷めず、自立させておいても、転がしておいても絵になるデザインであり、しっかりとした太さのグリップは、握りやすいうえ、ペン先の周りがスリムなデザインになっているので、書いている周囲も見やすいといったような、このデザインならではの機能に与えるメリットも多いと言えるでしょう。

シリーズは3000円くらいからあるようなので、デザインや素材、また予算といった視点から納得できる一本を選べるのではないでしょうか。ゲルインクタイプなども展開されているようであり、斬新なスタイルなのにギスギスしていないボールペンとして、今や定番の一本の仲間入りを果たしているといってもよいのではないでしょうか。

細いのに圧倒的な書き心地

従来の「使いやすさ」「書き心地」をそのままに、どこまで細い芯で筆記用具を作れるのかに挑戦した某Zシリーズは、他に類を見ないほどの突出したデザインと細さであるのに、実際に使用してみると、全く細さを感じさせずに使えてしまうという、とてもよくできたデザインと言えるのではないでしょうか。

また、そのイメージを組み込みながら、真ちゅう削り出しで作られたハイグレードモデルと呼ばれるものもシリーズとして発表されているようです。デザインとしての面白さや奇抜さは前作に劣るとされるものの、真ちゅうから削り出されたペンの本体部分や、下地にメッキしたうえに塗装するというような仕上げの丁寧さは素晴らしいの一言でしょう。上部を細く軽くすることにより、重量バランスの面でもうまく調整していると言えるのではないでしょうか。また、回転繰り出し式だったものとは違い、わずか直径0.7mmの軸の中でノック式を実現させたり、滑り止めにもなるように計算された塗装は、持ったときの快適さをより良くし、操作性の良さも獲得している設計とされています。細い軸であっても、太い軸のものと比べて書きやすく、その差は遜色ないように作られているとされ、手帳やノートなどと一緒に持ち歩くのに便利であると言えるでしょう。一般的な細軸のペンに比べて、圧倒的と言えるほどの持ちやすさと書きやすさを兼ね備えており、素早くメモやスケジュールを書き込むにもほとんどストレスを感じられないでしょう。

また、速記においてもペン先のコントロールがしやすいとされており、それは持ち応えのある重さを計算しているためと言えるでしょう。一見、デザイン優先のように見えますが、実用性が高く、安心してギフトに選べる一品と言えるのではないでしょうか。

大人のギフトにピッタリな渋色限定色

某L社の大ベストセラーであり、世界で最も売れた万年筆シリーズである商品はご存知でしょうか。このペンは、毎年決まって限定色を発売することになっており、その年の色によって人気不人気などの差は大きく変化しているようですが、大人な雰囲気のシックな色の場合などには、発売前から人気が高くなる事も多く、一部店舗などでは先行販売も行われている程人気となっているようです。

従来、派手な色を限定色として出すことが多いとされるこのシリーズですが、グッと渋い色の限定色を発表する際などには、シリーズを若いころから愛用していたユーザーにもう一度その良さを再発見してもらおうという意図も感じられるのではないでしょうか。過去の限定色と言えども、その人気故、くまなく探すことによって購入も可能であるようです。是非、気になっている限定色を根気よく探してみてはいかがでしょうか。

ラインナップとしては、万年筆、ローラーボール、ボールペンの3種類とされており、ローラーボールはキャップ式の水性ボールペン、ボールペンはノック式の油性ボールペンとなっているようです。デザイン視点からいえば、大きなキャップとクリップが付いたデザインであり、発売から数十年たっても古さを感じさせないどころか「カッコいい」と思わせるデザインの万年筆とローラーボールがお薦めと言えるでしょう。また、機能面で見たとしても、書き味に慣れた水性インクのほうが手に馴染むでしょうし、万年筆のようなインクを使いたい人にも、万年筆と同じ水性インクを使用した水性ボールペンはお薦めと言えるのではないでしょうか。

シックな限定色のボールペンは、大人のギフトにもピッタリと言えるでしょう。