自主返納を考えるべきサイン

近年では、高齢者による交通事故が多いなどと報じられ、積極的に運転免許を返納しましょうといった運動が行われているようですが、実際にはどういった自覚症状があった時に運転免許の返納を考えなければならないと言えるでしょう?

例えば、車線変更が怖いなと感じるようになったり、ウインカーを出してから実際に変更するまでに時間がかかるようになったりというように、斜め後ろ方向への注意力や認識力が落ちているといったことを自覚したときが要注意と言えるでしょう。こういった自覚が出来ていない高齢ドライバーなどが、後続車の確認ができずに車線変更してしまい、事故を起こすといったケースが増えているとも考えられているようです。

また、巻き込み事故まで発展しないにしても、サイドミラーをぶつけそうになったり、実際にぶつけてしまったりといったことも見逃してはならないサインと言えるでしょう。空間認識能力が低下してしまい、相手と自分の車の横幅を正確に認識する能力が衰えてしまうと、安全なはずのスピードにも関わらず接触してしまうといったことがあるようです。細い道ですれ違うのが難しいといった感覚というのも同様に考えて良いと言えるでしょう。

また、駐車の際にも気をつけておくと良いでしょう。駐車スペースに停めてみたら、思っていたより後ろや横のスペースが空いていたといった場合や、狙った枠の中にうまく収められず、何度も切り返しを行ってしまうといった時にも考えるサインと受け取った方が良いでしょう。近年では、合宿免許などが多くなってきており、運転免許の取得自体が前よりも身近になってきていると言えるでしょう。高齢者だけでなく、若い人たちも同じように、自身の判断能力などに向き合いながら運転免許と付き合っていくべきと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です