編集者の腕について

自分自身がどのような経験をしたのかということを、とにかく分かりやすく、説明や解説をすることができるようにしておくことも、お勧めできるという風に言えそうです。一般的に、原稿が完成すると、出版社に持ち込むことを想像する人は、非常に多いように感じますが、残念ながら、現代では、このような持ち込みをしてしまえば、多くの場合失敗してしまうというケースが多い理由です。なぜならば、今の出版社の編集者などは、非常に忙しく、素人に話を止められてしまっては、意味がないと思ってしまう人すら、いるかもしれないのです。こうなってしまっては、そのような編集者の方がたから、良い評価を獲得するということは、なおさら難しくなってしまっている、という風に言えるかもしれません。現代では、インターネットなどの技術が発達しており、編集者や出版社に対して、手すきの時間で、返信を行うことができるメールで原稿などを見てもらったり、送信することができるようになってきました。もちろん、郵送でもそれは可能で、じっくりと見てもらいたい場合には、こちらの手段を取る方が、いいのかもしれません。しかし、自分自身や、相手の負担などを考えると、メールなどの方が、幾分楽に送信することができるかもしれませんし、出版社にいる、編集者の人なども、気軽にチェックすることができるため、メールの方が良い、というふうに考えられることもあるかもしれません。自分自身にとっては、貴重な原稿であっても、編集者にとっては、毎日のように見る現行のうちの一つである、というふうに考えている人が、多いわけですから、その点は、認識の違いがある、ということを、事前に分かっておく必要があると言えるのではないでしょうか。これは、別に、編集者が原稿や企画書というものを、ぞんざいに扱っているというわけではなく、素人のレベルが、自分自身の予想を超えてこないという、長年の経験則に基づくものであるということを、理解しておく必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です