ビジネス書の自費出版に関して

ビジネス書などには、自分自身が経験の中で学んだことを、相当に主観的に述べている自己啓発のような本なども、残念ながら出版されてしまっているという現状があり、レベルが低い書籍も、それなりにあるということは、確かに言えるのかもしれませんが、いずれにしても、自分自身が言いたいことを端的にまとめながら、 話を進めていくと良いのではないでしょうか? 一般的に、書籍をかきあげる際には具体的な話と、抽象的な話を、交互にしていくと、読み手には分かりやすい原稿になるという風に、言われることが多い理由で、例えば、ビジネス書であれば、まず、初めに自分自身の具体的な例をしっかりと述べた後に、より抽象的な話をして、読者を更に引き込むという風に、しっかりと順序立ててストーリーを作っていくことが、重要だという風に言えるかもしれません。もしも、自分自身が、他の人がほとんど経験したことがない、貴重な経験をしたことがあるという場合であると、非常にスムーズに、このような段階を進めることができるかもしれません。自分自身が、実際に経験した出来事や、情報が価値が客観的に見てあればあるほど、原稿や企画書が採用されやすくなるかもしれませんし、分かりやすく、具体的に話を作ることもできるかもしれません。自費出版は、非常に高いお金がかかる、とも言われることがあるわけですが、出版社サイドとしても、この本は、新規性があり、世の中への需要が見込めるという風になれば、手厚いサポートをしてくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です