原稿のまとめかた

独りで原稿をまとめているさいによくありがちなのは、原稿を執筆する段階で、自由に書き過ぎてしまい、余分な部分や、不要な部分が増えすぎてしまう、というケースが時々見られるようですが、執筆の過程で、第三者の目がないからこそ、生じでしまう問題である、という風にも、言えなくもありません。一般的な話としては、余分な事が多く書いてある原稿の場合には、自分自身が最も伝えたいことであり、本題に不備があるというケースが多いとも言われることがあるようで、相乗的に非常に読みにくい原稿が誕生してしまう、という場合すらあるということにも、注意しておくことが重要なのではないでしょうか。ある程度、原稿などが進み編集者との話し合いなどが進んでくると、一体、どのようにして、読者を惹きつけることができるのか、という部分に話が広がっていくことがあるかもしれません。そのような場合には、一体どのようにして読者を惹きつけるのか、ということが重要になってきてるわけです 。そのような段階に差し掛かった際に、何よりも意識しておかなければならないのは、様々な段落や商談のさし入りの部分であるということは、間違いなく言えるかもしれません。いくら段落の中間や後半部分で素晴らしいことを言っていたとしても、読者が最も目を通すのは、前半部分あるということを忘れずに、覚えておく必要があると言えるでしょう。 自己主張をすることと、自分の書きたいことが、必ずしも重ならない場合がある、ということも分かっておく、必要があります。つまり、こういうことを世の中に問うてみたい、というふうに考えていたとしても、出版できるレベルまで、たどり着くことができなかったり、十分な客観性を保つことができなかったりする場合には、アイデアを考え直す必要があるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です