斬新なスタイル

繰り出し式で、ペン先をまるごとボディに収納できるといった斬新なデザインで多くの注目を集めているのは、Tシリーズでしょう。

そのひとつは、グリップに木を採用したものであり、自信を持ってお薦めできるボールペンと言えるでしょう。まず見ていただきたいのは、口金とペン先を2段階で繰り出すというデザインと機能がほかのボールペンには見られないということでしょう。キャップという存在が無いのに、書く側を下に向けて机の上に立てておくことができるといった不思議な機能もあるデザインと言えるでしょう。

さらに、低粘度の油性インクであるアクロインキを搭載しており、油性ボールペンでありながら、書き味は滑らかで軽いという点も注目すべきでしょう。文字筆記の際の力の入れやすさや、ギフトにピッタリと言える価格とデザイン、また、ロングセラーであるなど、お薦めできるポイントも書き出すとキリがない程あると言えるでしょう。ペン立てに立ててもペン先を傷めず、自立させておいても、転がしておいても絵になるデザインであり、しっかりとした太さのグリップは、握りやすいうえ、ペン先の周りがスリムなデザインになっているので、書いている周囲も見やすいといったような、このデザインならではの機能に与えるメリットも多いと言えるでしょう。

シリーズは3000円くらいからあるようなので、デザインや素材、また予算といった視点から納得できる一本を選べるのではないでしょうか。ゲルインクタイプなども展開されているようであり、斬新なスタイルなのにギスギスしていないボールペンとして、今や定番の一本の仲間入りを果たしているといってもよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です