細いのに圧倒的な書き心地

従来の「使いやすさ」「書き心地」をそのままに、どこまで細い芯で筆記用具を作れるのかに挑戦した某Zシリーズは、他に類を見ないほどの突出したデザインと細さであるのに、実際に使用してみると、全く細さを感じさせずに使えてしまうという、とてもよくできたデザインと言えるのではないでしょうか。

また、そのイメージを組み込みながら、真ちゅう削り出しで作られたハイグレードモデルと呼ばれるものもシリーズとして発表されているようです。デザインとしての面白さや奇抜さは前作に劣るとされるものの、真ちゅうから削り出されたペンの本体部分や、下地にメッキしたうえに塗装するというような仕上げの丁寧さは素晴らしいの一言でしょう。上部を細く軽くすることにより、重量バランスの面でもうまく調整していると言えるのではないでしょうか。また、回転繰り出し式だったものとは違い、わずか直径0.7mmの軸の中でノック式を実現させたり、滑り止めにもなるように計算された塗装は、持ったときの快適さをより良くし、操作性の良さも獲得している設計とされています。細い軸であっても、太い軸のものと比べて書きやすく、その差は遜色ないように作られているとされ、手帳やノートなどと一緒に持ち歩くのに便利であると言えるでしょう。一般的な細軸のペンに比べて、圧倒的と言えるほどの持ちやすさと書きやすさを兼ね備えており、素早くメモやスケジュールを書き込むにもほとんどストレスを感じられないでしょう。

また、速記においてもペン先のコントロールがしやすいとされており、それは持ち応えのある重さを計算しているためと言えるでしょう。一見、デザイン優先のように見えますが、実用性が高く、安心してギフトに選べる一品と言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です