ノベルティアイテムとして無料で配るものであっても、せっかく名前を入れるのであれば、しっかりと映える素敵な配色を選びたいものではないでしょうか。
注文した後に「名前が見えにくい」「配色がダサい」などというトラブルを防ぐためにも、事前にイメージ画像などをきちんと確認できる業者を選ぶことも重要でしょう。

印字の場合は、文字のフォントによっても光の反射が変化するため、より重点的に確認できると良いのではないでしょうか。

ボールペンのボディが黒という場合にオススメの印刷色は「白」「金」「銀」の3色が挙げられるでしょう。
黒と他のインク色との相性は難しいと言われており「黄色」や「オレンジ」「赤」など暖色系はベースの色に影響され、少し暗くくすんでしまうようです。

また、反対に白いボディのボールペンは、各メーカーも「名入れ専用軸」として設定しているということからも分かるように、幅広くさまざまな色との相性が良いと言えるでしょう。
そういった場合でも、しっかり目立たせたい場合には、はっきりした「黒」「青」「赤」「オレンジ」「水色」などが良いのではないでしょうか。
また、ゴールドでの名入れも相性が良く人気の組み合わせと言えるでしょう。
シルバーの名入れは、目立たせたい目的としては全くオススメできないと言えますが、お洒落で控えめといった場合には良い組み合わせとも言えるでしょう。

シルバーボディのペンに合わせたいインク色は「黒、青、赤」といった順に目立つとされており、濃い色のインクでの名入れが読みやすさの点ではオススメと言えるでしょう。
お洒落に名入れしたい場合は「白、ピンク、オレンジ、ゴールド」の順での印刷も、社名や名前、ロゴを引き立ててくれるようです。