展覧会や、イベントに参加するにあたり、商品や会社のプロモーションとしてノベルティアイテム用の名入れペンを発注するといった場合、どのような事に重点を置いて業者を選べば良いのでしょうか。
店頭での注文はもちろんですが、近年では多くの注文方法のカテゴリーを持つインターネット販売の業者も多く見られるようになりました。

名入れペンを発注するにあたっても、予算を決めておくことは重要です。
デザインや機能としては別段変わったものでなくても問題ないから、とにかく安く仕上げて欲しいといった要望や、また、多少値段はかかってしまってもいいから、普通の当たり障りない物よりは少し質のいい物が欲しいといった要望などをふまえつつ、おおかたの予算を決めておきましょう。予算を決めることで、さまざまな要素の選択肢の絞りやすさが変わってきます。

なおアイテム選出の際に、予算から検索できるといったシステムも導入されている業者さんもあるようなので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
1本あたりの予算を明確にし、その予算内で納得のいく品物を選出していくことは、ノベルティアイテムを選ぶ際、とても重要と言えるでしょう。

急な展覧会やイベントに参加することになり、そこでノベルティを配らなければいけないことになってしまったという場合には「とにかく早く仕上げてもらいたい」という要望も生まれるかもしれません。
業者によっては、ご注文の次の日に発送可能なところも少なくないため、時間との勝負といった場合でも、しっかりと多くの業者を比較し、検討することが可能なはずです。

反対に「時間は充分あるから、少しでも安くしてもらいたい」といった要望が本音である企業も存在していることでしょう。
そういった場合には、納期別で料金が変わる業者をオススメいたします。