作ろうとしているノベルティアイテムが、展覧会やイベントの規模によって発注数も少ないという場合や、また、企業の周年記念ようの品物であったりする場合には、大量発注ではなく、少ない量での発注という場合も考えられるのではないでしょうか。
そういった場合には、多少予算を上げても、質の良いものを選びたいといった企業も多いかもしれません。
配る側も受け取る側も、両方のニーズを満足させるものを選ぶというのが最適です。

この場合には、店頭での購入よりも、ネットでの購入の方が分かりやすく、便利であると言えるかもしれません。なぜならネットであれば、さまざまなネットショップの商品を簡単に比較できるからです。
サイトによっては、発注数によって商品を絞り込んでくれるというシステムも存在しています。
「他の企業のノベルティアイテムと差をつけたい」とか「利用者が好んで使えるような名入れボールペンを作りたい」という場合には、ボールペンの種類ごとに予算を確認できるシステムもオススメでしょう。

近年、急激に人気が出てきている「フリクションボールペン」や定番の「マーカーペン」更には「多色ボールペン」また、あまり見かけない上に、自分では購入する可能性のないような「LEDライト付きボールペン」など、一般的な黒一色のボールペンではない種類のものも取り揃えている業者も増えてきているようです。
受け取る側の立場に立って、こういった変わり種のペンをノベルティアイテムとして配るのも面白いかもしれません。
こういった変わり種のアイテムは、「何故か捨てられない」といったように、少し特別感も感じさせるようです。
そういった意味では、人気の商品を敢えて選ぶというのも戦略として考えられると言えるのではないでしょうか。

印象に残るノベルティアイテムか、使用頻度が多い高品質のノベルティアイテムか、企業や商品のプロモーション戦略によって上手く活用できると良いでしょう。